Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケットパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

イベント:Lowrider Super Show 2018

f:id:Culturevolt:20180323204450j:plain

www.lowrider-japan.jp


今月18日(日)に開催されて「Lowrider Super Show 2018」に潜入してきたのでそのレポートです。

クルマ中心のイベントなので割合はかなり少なかったですが、ローライダーの流れをくむホッグ、チョロ、チカーノのハーレーをモデル別にピックアップしていきたいと思います。

 

ツーリングモデル

f:id:Culturevolt:20180323143026j:plain

f:id:Culturevolt:20180323143612j:plain

f:id:Culturevolt:20180323143702j:plain

何インチあるんだっていうインパクト大のハンドルバー、快適な長距離ライドを実現させるコルビンシート。パフォーマンス面を考慮した2-into-1タイプのエキゾースト、そしてペイントワーク。これらの要素がホッグスタイルには不可欠デス!

さらにヘッドウィンズ製ヘッドライトベゼル。イメージモーターサイクルのペグと本場の雰囲気を再現しています。

f:id:Culturevolt:20180323143132j:plain

f:id:Culturevolt:20180323143221j:plain

f:id:Culturevolt:20180323202702j:plain

f:id:Culturevolt:20180323143259j:plain

f:id:Culturevolt:20180323143335j:plain

f:id:Culturevolt:20180323143421j:plain

ホッグのベースモデルとして一番多いツーリングモデル。ウルトラやストリートグライドは少なく、ロードグライドとロードキングがホッグの定番っぽい!

ソフテイル

f:id:Culturevolt:20180323203232j:plain

f:id:Culturevolt:20180323203304j:plain

f:id:Culturevolt:20180323203351j:plain

f:id:Culturevolt:20180323204556j:plain

パーツ構成としては定番を押さえているチョロスタイル。ただエンジン、ハンドル、マフラーといたるところに彫金!ゴージャスな一台デス。

f:id:Culturevolt:20180323205051j:plain

f:id:Culturevolt:20180323205137j:plain

ヘッドウィンズ製のヘッドライトハウジング。ハウジングに取り付けられたウィンカーがユニークなデザイン。

f:id:Culturevolt:20180323205418j:plain

f:id:Culturevolt:20180323205538j:plainf:id:Culturevolt:20180330073956j:plain

ホイールはツイストスポーク。
目を惹きます!

f:id:Culturevolt:20180330074007j:plain

やはりヘッドウィンズ製のアイテムは装着率高めデス!

f:id:Culturevolt:20180330074537j:plain

f:id:Culturevolt:20180330074625j:plain

クラシカルなスポークホイールも良いですがビレットホイールはまた違った魅力があります!スポーティーなルックスに。さらにブレンボキャリパーがインストールされていました。

f:id:Culturevolt:20180330075018j:plain

イカリングを搭載したヘッドライト、フォグランプインパクト大のフロントマスク。たしかアトラクトカスタムズのオリジナルアイテムだったかと。

f:id:Culturevolt:20180330075231j:plain

ホッグスタイルには派手なペイントという認識でしたが間違いでした。

終わりに

個人的に初めて足を運んだショーでした。昼前くらいに会場入りしたのですが正直そんなにお客さんが入っている様には感じませんでした。道中も混雑している様子も無かったです。ただバイクイベントとは違った空気感がありクルマ好き、バイク好きには楽しめるイベントかと感じました。

show