Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケットパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

まとめ:2018年ソフテイル「カスタムするならコレだっ! ~吸排気編~」

2018年に大きくモデルチェンジしたソフテイル。ストック状態で乗っていた方もそろそろカスタム欲が湧いてくる頃かと。

そうと思い今回は「カスタムするならコレだっ!」と題し、Cray Cray Post的18年ソフテイルのカスタムパーツまとめをお送りします。(過去に紹介したアイテムをまとめてみました。)

最初にカスタムするなら押さえたいポイント吸排気系パーツをピックアップしていきます!

 

マフラー / エキゾースト

バイクと言ったらマフラー交換は一番に考える点かと思います。
価格、作業ともに手軽なスリップオンか性能、サウンドともに大きな変化を楽しめるフルエキにするか、フルエキでもマフラーの取り回しによってかなり印象は変わります。

それではメーカーごとに順にご紹介していきます!

スリップオン

Vance & Hines / バンス&ハインズ

f:id:Culturevolt:20180903213541j:plain

TWIN SLASH SLIP-ONS - VANCE & HINES

Chrome / #16879
Black / #46879

f:id:Culturevolt:20180903213843j:plain

HI-OUTPUT SLIP-ONS BLACK - VANCE & HINES

Black / #46547


言わずと知れた米国アフターマーケットエキゾーストメーカーの最大手。スリップオンマフラーは「Twin Slash 3" Slip-Ons / ツインスラッシュ3"スリップオン」、ファットボブ用として「Hi-Output Slip-Ons / ハイアウトプットスリップオン」をラインナップしています。

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com

マフラー選びに迷ったらチョイスしとけば間違いナシ!ただ定番とも呼べるメーカーなので人と同じでは満足できない方にはオススメできませんよ。

Rinehart Racing / ラインハートレーシング

f:id:Culturevolt:20180903214245j:plain

4.5" Fat Bob Slip-Ons - Rinehart Racing


本国ではバンスと人気を二分する!?とも言われているエキゾーストメーカー。レースに使用するエキゾーストを製造していたメーカーだけあって高品質なアイテムをラインナップしています。日本では圧倒的にバンス人気なのでその他の選択肢としてアリなメーカーです。

www.craycraypost.com
以前ピックアップしたファットボブ用のスリップオン以外にも、その他のモデルに対応した3.5"スリップオンがリリースされています。そちらはまたの機会にピックアップしますね。

フルエキゾースト

スリップオンマフラーに比べ価格も大きくなりますが見た目、性能的にも純正からの変化率、満足度ともに大きくなるでしょう。

Vance & Hines / バンス&ハインズ

f:id:Culturevolt:20180903214542j:plain

SHORTSHOTS STAGGERED - VANCE & HINES

Chrome / #17235
Black / #47235

 

f:id:Culturevolt:20180903214740j:plain

BIG RADIUS 2-INTO-2 BLACK - VANCE & HINES

Chrome / #16077
Black / #46077


既に多数のラインナップをリリースしているのはさすがデス!ショートショットやビッグラディウスは2018年ソフテイルでも定番化しそうです。

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com

Bassani Xhaust / バッサーニエキゾースト

ドラッグスペシャリティーでも取扱いのあるエキゾーストメーカー。パフォーマンス面を意識してカスタムされるクラブスタイルやホッグスタイルでも良く使用されるエキゾースト。2-into-1タイプのエキゾーストが人気な印象。

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com
当初に比べかなり対応アイテムが出そろってきました。選択肢が広がった分迷っちゃいますね。

エアクリーナー

マフラーをカスタムしたら次はやっぱりエアクリーナー!2018年ソフテイルはM8搭載のツーリングモデルと共用です。(ただクリアキンだけは適合を分けてましたが…)なので結構選択肢はあると思います。

Performance Machine / パフォーマンスマシン

言わずと知れたPM。マックスHPやジェット、スーパーガスといったラインナップを揃えています。

www.craycraypost.com

Arlen Ness / アレンネス

カスタム界のレジェンド、アレンネスが創業したメーカー現在も精力的に新しいカスタム車両を製作しており勢いを感じるメーカーの一つ。

インバーテッドシリーズやエルボータイプのモンスターサッカー、新作のメソッドエアクリーナーなどの対応アイテムをラインナップしています。

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com

Kuryakyn / クリアキン

新作アイテムのリリースを続けるクリアキン。リーズナブルな価格帯のアイテムも多く比較的気軽にカスタムを楽しめるブランド。そんなクリアキンからピックアップしたアイテムはコチラ!

www.craycraypost.com
アメリカンマッスルカーを連想させるバタフライ。このギミックがたまらないw

S&S Cycle / エスアンドエスサイクル

言わずと知れた老舗メーカー。同社の代表的なアイテム、ティアドロップエアクリーナーを知らないって人はいないのでは?w

www.craycraypost.com

M8対応でリリースされているステルスエアクリーナー。ミニティアドロップはクラシカルなティアドロップに現代的なアクセントが加わったアイテムです。

チューニング

マフラー、エアクリーナーと交換したら結構重要になってくるチューニング。純正のままだと燃料が薄く本来の性能とは違った走りになってしまいます。社外のハイフローエアクリーナーに交換したらそれに合わせ燃料を多く出せるようチューニングしましょう。正しい設定が楽しく走る為の秘訣です。

Vance&Hines / バンス&ハインズ

https://fuelpak.vanceandhines.com/

 Fuelpak 3、通称FP3、コイツの登場でチューニングの常識がかなり変化した印象です。FP3の登場以前はサンダーマックスなど車両に付属するコンピューターごと交換するフルコンタイプのチューニングディバイスが主流だったかと思います。なのでパーツ自体の価格が高価な為チューニング作業は結構ハードルが高いものでした。それに対しFP3は純正のコンピューターを使用しデータを書き換えるサブコンと呼ばれるディバイスです。なのでパーツ自体の価格を抑えることができます。さらにFP3が画期的な点はスマートフォンのアプリで車体のチューニングが可能な点。アプリは日本語なので簡単な初期設定ならユーザー自身で設定が可能です。チューニングの敷居を下げた点がFP3最大の魅力ではないかと感じています!

終わりに

いかがでしたか!?

現在も対応アイテムが続々とリリースされているM8ソフテイル。ここでピックアップしたアイテムは一部になりますが今後のカスタムプランの参考になれば幸いです!

それでは楽しいカスタムライフを!

show