Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケット・カスタムパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

バイク:Thunderbike「Roar FXDR Battle of the Kings bike 2019」

f:id:Culturevolt:20190116192421j:plain

https://www.thunderbike.com/custombikes/roar/?tax=kategorie

「Thunderbike / サンダーバイク」より新作のカスタムバイクをピックアップ。ベース車両はFXDR 114。ハーレーダビッドソン正規ディーラーによるカスタムコンテスト、Battle of the Kingsに参戦する車両。

 

 

概要

FXDRの特徴であるダブルブレーキディスク、アルミスイングアーム、倒立フォークといったスポーティーな面をより引き立て真のドラッグスターをビルドすることがカスタムテーマの様です。

f:id:Culturevolt:20190116192508j:plain

https://www.thunderbike.com/custombikes/roar/?tax=kategorie

車高は50mmローダウンし260mmリアタイヤをインストール。サンダーバイクがリリースするGPスタイルリアフェンダーによって迫力のリアビューを構築しています。もちろんフェンダー交換に伴ってサイドナンバー化されています。

f:id:Culturevolt:20190116192556j:plain

https://www.thunderbike.com/custombikes/roar/?tax=kategorie

パフォーマンス面もドラッグスターに恥じない内容に。スクリーミンイーグルのステージ3キットを使用し排気量を117ciにアップ。さらに40%ものエンジン出力が向上したとのこと。

f:id:Culturevolt:20190116192909j:plain

https://www.thunderbike.com/custombikes/roar/?tax=kategorie

新作のフロントフェンダー、チンスポイラー、ウィンカーなどが車両をスポーティーな印象にまとめ上げています。まだまだリリース予定の新作パーツがありそうです。

f:id:Culturevolt:20190116192706j:plain

https://www.thunderbike.com/custombikes/roar/?tax=kategorie

HD純正パーツはDominionコレクションをチョイス。ペイントはハーレーカラーであるブラックとオレンジをベースにシルバーを加えたとのこと。

f:id:Culturevolt:20190116193031j:plain

https://www.thunderbike.com/custombikes/roar/?tax=kategorie

サンダーバイクのHPでは制作過程の写真などもアップされています。別で撮影部隊でもいないとできないよなーって思います。にしてもここはバイクはもちろんですが写真や動画、HPの作りなど「センスの塊か!」って感じです。

パーツリスト
Thunderbike Parts
Harley-Davidson Parts
 movie

関連パーツ

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com

show