Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケット・カスタムパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

バイク:Roland Sands Design「F@#K LUCK BAGGER」

f:id:Culturevolt:20200206214216j:plain

rolandsands.com

レース活動やイベントには精力的な動きを見せている「Roland Sands Design / ローランドサンズデザイン」。パーツに関しては音沙汰なしな印象だが、新作カスタムバイクを発見した。

それは、ここ最近のムーブメントの中心にあるパフォーマンスに焦点を当てたバガーカスタム。今回はRSD新作バガー、F@#K LUCK BAGGERをピックアップしたい。

近年のバガーカスタムは、フロントホイールの大径化と大きくストレッチされたサドルバッグのセットアップが定番。迫力のスタイリングと存在感を生み出しています。

ただ、そのスタイリングの代償として、ストック状態と比較して気を遣う部分が出てくるのも事実。Rolandはこの従来のバガーカスタムを”Never cool,Never sexy”と捉えパフォーマンスバガーの時代が到来したと述べている。

ボバー、カフェレーサー、スクランブラーと同様に、パフォーマンスバガーのアイデアは、不必要なモノを取り除き、パフォーマンスアップを狙ったアイテムを取り入れること。

f:id:Culturevolt:20200206214649j:plain

F@#K Luck Bagger - Roland Sands Design

元レーサーであるRolandがビルドしたFLTRX。このマシンの第一のポイントは余分な脂肪をそぎ落とした点。リアフェンダー・サドルバッグ・サイドカバーは全てHofmann Designs製カーボンパーツに換装。フロントカーボンフェンダーBMW製を流用。外装類をカーボンで統一している。

f:id:Culturevolt:20200206214411j:plain

F@#K Luck Bagger - Roland Sands Design

フロント周りはKraus製パーツが多用されている。トリプルトップブラケット、ライザー、メーターハウジングがそれにあたる。ハンドルバーはFly Moto 1-1/8” tapered handlebars。仕上がりはゴールド。

f:id:Culturevolt:20200206214436j:plain

f:id:Culturevolt:20200206214448j:plain

f:id:Culturevolt:20200206214500j:plain

F@#K Luck Bagger - Roland Sands Design

このゴールドというカラーリングが第二のポイント。Clarityシリーズが採用されたカムカバー・クラッチカバー・ダービーカバーと、Trac Dynamics製スイングアームはゴールドにペイントされ、ブラックの外装類にアクセントを持たせている。

f:id:Culturevolt:20200206214532j:plain

F@#K Luck Bagger - Roland Sands Design

サスペンションは前後共にFOX製。パフォーマンスバガーの名に相応しいアップデートが施されている。

f:id:Culturevolt:20200206214955j:plain

F@#K Luck Bagger - Roland Sands Design

ホイールはRSD製Traction。HPではフロントサイズしかラインナップが確認できないが、特注なのか前後でインストールされている。performance Machine製ラジアルキャリパーもインストール。

オイルはモチュール。V-Twin専用オイル、気になります。

カーボンのボディーワークとゴールドのアクセントが決めてのロードグライド。F@#K LUCK BAGGERと名付けられたパフォーマンスバガーでした。

show

 

info


Roland Sands Design / ローランドサンズデザイン

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com