Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケット・カスタムパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

パーツ:Guerrilla Cables「Speedo Block-Off Plate -Timer Cover」

f:id:Culturevolt:20200212233823j:plain

🚨 @31state 🚨 is killing it with this... - Guerrilla Cables | Facebook

 さて、クラブスタイル / パフォーマンスダイナにおいて、ハンドルを高くしメーターとインジケーターを移設する…。そうなると、もともとのメーターが入ってたタンクのコンソールに穴が…。と言う感じで、「この穴をどうするか問題」があると思うんですが、やっぱり解決策あるんですね。

 ケーブルの延長キットなどを供給するGuerrilla Cable(ゲリラケーブル)よりタンクコンソールにあるスピードメーターのカバーを紹介します。

 

f:id:Culturevolt:20200218230605j:plain

f:id:Culturevolt:20200218230613j:plain

f:id:Culturevolt:20200218231426j:plain

 

 特徴はタイマーカバーが取り付けられるというところ。ローライダーはスピードとタコがあるので2つ必要です。

 フィニッシュはグロスブラック、リンクルブラック、キャンディーブルー、キャンディーレッド、ゴールド、ポリッシュの6種類。

 


メーカー:Guerrilla Cables / ゲリラケーブル

メーカーリンク:http://guerrillacables.com

商品名:Speedo Block-Off Plate -Timer Cover

品番:-

メーカー品番:

その他リンク:


 

 ”Impression”

 さて、スピードメーターを外した時のアイデアとして穴を埋めるプレートまでは分かります。でも、ここにタイマーカバーを付けるって言う発想にハーレー愛と言うか、ファン感みたいなものを感じるんです。ポイント点火なんていつの時代だよ!って、M8時代になっても残ってるタイマーカバー。きっとハーレーのアイデンティティなんでしょう。時代の変化に合わせなきゃ生き残っていけない世の中において、未だにカムカバーのあの位置に居座り続ける太々しさというか、大胆さ。そんなメーター不在のコンソールにタイマーカバーを持ってくるということの意味を考えてしまいます。

 それに加えて、タイマーカバーの豊富さがうれしいですよね。ちょっと昔の雰囲気のいいタイマーカバーをメダリオンの様に使ってたら洒落てると思うし、そういうのを使えるようにしたのがうまいなぁと思うのです。

 

 ま