Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケットパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

パーツ:Performance Machine「Apex Foot Levers」

f:id:Culturevolt:20171123193745j:plain

www.performancemachine.com


「Performance Machine / パフォーマンスマシン」よりダイナとスポーツスターに対応したフットレバーがリリースされました。

「Apex Foot Levers / アペックスフットレバーズ」

オシャレは足元からって感じでカスタムルックを演出。ストックとの違いは一目瞭然かと。またアペックスは同デザインのグリップもリリースされています。パーツを揃えることで簡単に車両の雰囲気を統一することができます。

f:id:Culturevolt:20171123193845j:plain

https://www.performancemachine.com/motorcycle-hand-and-foot-controls/foot-levers.aspx

f:id:Culturevolt:20171123193926j:plain

https://www.performancemachine.com/motorcycle-hand-and-foot-controls/foot-levers.aspx

f:id:Culturevolt:20171123193950j:plain

https://www.performancemachine.com/motorcycle-hand-and-foot-controls/foot-levers.aspx


仕上がりはクロム、コントラストカット、ブラックOpsの3種類。04~17年スポーツスター、06~17年ダイナに適合。

ダイナやスポーツ用のフットレバーってパーツ出してるとこ少ないと思うのでこんなアイテムを待っていたって方も多いのでは!?

show

ニュース:MAGグループ チャプター11申請

f:id:Culturevolt:20171123191228j:plain

http://www.worldmcnews.com/?p=9413


衝撃的なニュースだったのでピックアップ。

ネタ元はWorld MOTORCYCLE NEWSより

Motorsports Aftermarket Group チャプター11 再建型倒産処理手続申請 – World MOTORCYCLE NEWS

MAG(Motorsports Aftermarket Group)がチャプター11(再建型倒産処理手続)の申請を行ったとのこと。

このMAGグループはTucker Rocky/Biker’s Choice、 Performance Machines(Roland Sands Design)、 Vance & Hines、Kuryakyn、Mustang など日本でもなじみのあるメーカーが傘下にあります。

事業を継続しながら再建を目指す方針みたいですが何かしらの影響が出てきてもおかしくない状態かと思います。

show

パーツ:Vance & Hines「Hi-Output Slip-Ons」

f:id:Culturevolt:20171122194814j:plain

https://products.vanceandhines.com/store/harley/46547/


またまた2018年ソフテイル対応アイテムのご紹介。

今回は2018年ファットボブ用スリップオンマフラー「Hi-Output Slip-Ons / ハイアウトプットスリップオン」をピックアップ。

f:id:Culturevolt:20171122194919j:plain

https://products.vanceandhines.com/store/harley/46547/

ハイアウトプットと言えばツーリングモデル用スリップオンマフラーでは定番とも言える程の装着率を誇るマフラー。最近は450の方が良く話を聞く気がするかもですが…

マフラー径が途中で太くなっているステップデザイン。アグレッシブなエキゾーストノートを奏でます。「音量がちょっと」って方にはオプションのクワイエットバッフルとの併用をオススメします。ストック状態と比較してですが音量を抑えることが可能です。

マットブラック仕上げのマフラーボディもラジカルな雰囲気のファットボブにはベストマッチ。思わず必要以上にスロットルを開けちゃうかも...しれません。

ただ気になっている方も多いと思いますが、ファットボブ用のスリップオンマフラーってどこも同じ感じですよねー。(知ってるのはラインハートとS&Sですが。)

www.craycraypost.com

www.craycraypost.com


見た目の違いでいえばメーカーロゴとエンドデザインくらい。これだけ個性的な車両でスリップオンという制限があると各メーカーコンセプトが似通るのはしょうがないですかね。

show

バイク:2018 Softail 「Sport Glide」

f:id:Culturevolt:20171121184722j:plain

motorcycles.harley-davidson.com


2018年ソフテイルモデルに新しい一台が加わりました!

その名も「Sport Glide / スポーツグライド」。

走りに振ったモデルかと。

では早速このモデルについてご紹介を!

 

Engine / エンジン

f:id:Culturevolt:20171121184952j:plain

https://motorcycles.harley-davidson.com/us/en/motorcycles/2018/softail/sport-glide.html

エンジンはもちろん2018年からソフテイルモデルにも搭載されたミルウォーキーエイト。排気量は107キュービックインチ。必要十分なパワーです。内臓されたカウンターバランサーで不快な振動を除去しています。ブラックアウトされたエンジンカラーも魅力の一つ。

Suspension / サスペンション

f:id:Culturevolt:20171121185115j:plain

https://motorcycles.harley-davidson.com/us/en/motorcycles/2018/softail/sport-glide.html

フロントは一見して見た目にも走りを感じさせる倒立フォークがインストールされています。シート下のモノショックに倒立フォーク、かなり走りが楽しめそうなセットアップ。しかもファットボブなどと同じで簡単にプリロード調整が可能な仕組みになってます。

Frame / フレーム

新型ソフテイルフレームによる軽量化。走りに与える影響はいいモノしかないかと思います。実際に乗ったことがないので断言はできませんw

Detachable Saddlebags / デタッチャブルサドルバッグ

f:id:Culturevolt:20171121185427j:plain

https://motorcycles.harley-davidson.com/us/en/motorcycles/2018/softail/sport-glide.html

備えつけられたサドルバッグは工具なしで取り外し可能。長距離ツーリングでも近場のチョイ乗りでも対応できる嬉しい装備です。このバッグ見た目も結構好みです!自分の車両にもこんな感じのバッグがあったらつけても良いかもって感じです。

Front - Mini - Fairng  / フロントミニフェアリング

f:id:Culturevolt:20171121185353j:plain

https://motorcycles.harley-davidson.com/us/en/motorcycles/2018/softail/sport-glide.html

f:id:Culturevolt:20171121190659j:plain

https://motorcycles.harley-davidson.com/us/en/motorcycles/2018/softail/sport-glide.html

バイクの印象を決めるフロント周り。装備されたミニフェアリングはサドルバッグと同様に取り外し可能。やはりフェアリングのありなしでガラッと車両の印象が変化します!実際の高速走行ではフェアリングのありがたみを体感できるハズ!

New Wheels / ニューホイール

f:id:Culturevolt:20171121190600j:plain

https://motorcycles.harley-davidson.com/us/en/motorcycles/2018/softail/sport-glide.html

「Mantis」と名付けられたニューホイール。5本のツインスポークで流れのあるデザイン。アグレッシブな走りを予感させるには十分。

Modern Teachnologies / モダンテクノロジー

新デザインのLEDヘッドライト、USBポート、キーレスイグニッションなど最新の装備を搭載しています。バイクにキーレスって個人的にはかなり衝撃的w

まとめ

どうでしたか!?フェアリングにサドルバッグとクラブスタイルに必要な要素を備えているスポーツグライド。走りを楽しみたいというユーザーにはマッチするモデルではないでしょうか!

show

パーツ:Arlen Ness「Big Sucker Stage 1 エアクリーナー」

f:id:Culturevolt:20171119174614j:plain

http://www.dragspecialties.com/products/?productId=467949&cc=1

Arlen Nessからはまだアナウンスないですが、アメリカ本国最大級のパーツ商社Drag Specialtiesよりネスのエアクリーナーが登場との案内出てました。

 

いやいや、普通にネスのビックサッカーじゃん…って、そうなんですがミルウォーキーエイト用の設定が追加されたんです!

デザインはSmooth、Slot Track、Beveled、10-Gauge、Scallopedでクロムとブラックの2フィニッシュがラインナップ。今の所Slot Trackのみブラックのみ。

 

当たり前なんでしょうが、エンジンの中にブリーザーを戻す仕組みで、ハードウェアもバッチリついています。

ついている赤色のエアフィルターはオイルを含ませて使うタイプ。ウォッシャブルなので洗って使えます。

17-18年のツーリング用エアクリーナーってまだまだ選択肢少ないのでありがたいですが、今回のBig Sucker だったらテーパーのInvertedの方が、ポンの場合はマッチしそう。

ただ、チューニングを考えた時こっちの方が吸えるのであればちょっと迷うか…なーんて考えてしまいます。

 

 

 

カタログ:Drag Specialties「2018-2019 Old Book 」

f:id:Culturevolt:20171108185610j:plain

http://www.dragspecialties.com/


米国最大手のパーツディストリビューターである「Drag Specialites / ドラッグスペシャリティー」。

そんなドラッグの旧車部品のカタログが「Old Book / オールドブック」。今回はオールドブックの最新版が上がっていたのでピックアップ。

しかも今回からはエボリューションの適合パーツも掲載されています!

「日本にはあまりカタログ自体が入ってこない」なんて話も聞くドラッグのカタログ。HPではネットカタログが閲覧可能ですよー!

show

ニュース:ハーレーダビッドソンの18モデルが調子良さそう

response.jp

レスポンスよりハーレーの明るい話題をピックアップ!

10月は月販が1046台で4カ月ぶりの1000台越えとの事!18ソフテイルのお陰と言っても過言じゃない!

 

ファットガールがファットボーイみたいなネタも上げておきますね。

response.jp

流石に車両に乗せられちゃってる感は無いですね。かっこよく乗るって難しいですね。。。