Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケットパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

パーツ:Legend Suspension「ツーリング用エアサスについて」

f:id:Culturevolt:20180618040858p:plain

本国のエアサスペンションメーカーLegend Suspensions。98年創業のLegendはアラミド繊維のエアスプリングテクノロジーからスタートしたブランドです。ソフテイル用のエアサスペンションを皮切りにツーリングモデルなどハーレー用はもちろん、メトリックバイクなどラインナップを増やしました。

エアサスペンションはProgressive SuspentionやAir FXなど様々なメーカーが出してるものの、Legendは本国最大のパーツディストリビューターDrag Specialtiesで取り扱いがあり供給面で安定している事、ラインナップの豊富さなども選ばれやすい理由かと思います。アジア圏での製造も多くなる昨今、メイドインUSAを貫くブランドです。

昨今のツーリングバガースタイルで広く使われるようになったエアサスですが、Legend Suspensionsはツーリング用エアサスを3種類出しているので少し掘り下げてみていきたいと思います。

 

Legend AIR HVG FLH

f:id:Culturevolt:20180626042226j:plain

Legend AIR HVG FLHは3種類の中で一番価格の安いモデルです。このモデルの特徴は画像の左側に写るハンドポンプが付属する点です。このハンドポンプゲージがついているので、それで空気の調整をします。なので停車時は下げて、乗る時は上げてー、と言った使い方には不向きです。

12-13インチで調整可能。適合車種はHX、TR等入っていますがここが後の2モデルとは違うのでポイントです。

 

Legend AIR FLH

f:id:Culturevolt:20180709161246j:plain

Legend AIR FLHはスタンダードなモデルといった立ち位置。このモデルはコンプレッサーが付属しているので、停車時に下げて、乗車時に上げてといったことも可能です。

OEMルックなハンドルバーに取り付けできるボタンが付属するので手元でコントロールが可能。

さて疑問になるのがFLH(#1311-0150)とFLTRX(#1311-0152)で品番が分かれてる事。FLTRXだけ他の車両と他と違うところがありますが分かりますか?

f:id:Culturevolt:20180711222842j:plain

f:id:Culturevolt:20180711222858j:plain

画像は取説のキャプチャーですが上がFLH(#1311-0150)、下がFLTRX(#1311-0152)のものです。TRはクラッチのホルダー側がFLHモデルとは異なる為このような分け方になってると言う見解です。

 

Legend AIR-A FLH

f:id:Culturevolt:20180711225200j:plain

Legend AIR-A FLHは3本の中でもっとも高価なモデルです。ベースは2番目のLegend AIR FLHと同じですが、追加でリバウンド調整の機能が付いています。

リバウンド調整とはリバウンド(戻り・伸びる時)のスピードの調節ができる機構の事です。これができると何が良いかと言うと、ライダーの乗り心地をコントロールできます。

柔らかいとスピードのある場面でふわふわした感覚を感じる事があるでしょうし、固ければギャップに突き上げられるという事あります。ライダーの重量やメインのライディングのシーンによって異なってきます。

フロントサスペンションのバランスの兼ね合いにもなってきますが、接地感に影響がでるので、調整ができるのは大いにメリットがあります。Air-Aはエアサスという見た目の部品に機能を持たせているハイエンドモデルという事です。

 

3種類のエアサスについてそれぞれの違いを上げてみました。参考になれば幸いです。

 

パーツ:Speed Kings Cycle supply「Dyna Unbreakable Thunder Header Bracket」

今だ根強い人気を誇るエキゾースト、「Thunder Header / サンダーヘッダー」。ダイナやFXRに装備される代表的な2-into-1スタイルのエキゾーストかと思います。

そのデザイン、サウンド、パフォーマンスに多くのハーレー乗りは満足していると思います。ですが唯一欠点を上げるとしたらその重量ではないでしょうか。サンダーヘッダーを使用していて何度もブラケットが折れる経験をしている方も多いハズ。

f:id:Culturevolt:20180711211853j:plain

Dyna Unbreakable Thunder Header Bracketwww.speed-kingscycle.com


そんな方へ向けて今回は「Dyna Unbreakable Thunder Header Bracket / ダイナアンブレイカブルサンダーヘッダーブラケット」をピックアップ。

「Speed Kings Cycle Supply / スピードキングスサイクルサプライ」というところがラインアップしていたアイテムです。ここは各メーカーのクラブスタイルやスピードクルーザー系アイテムをピックアップして販売している様です。

f:id:Culturevolt:20180711212105j:plainSpeed-Kings FXR Thunder Header Bracketwww.speed-kingscycle.com
ブラケットはその名の通りでかなりヘビーデューティーな作りになっている様です。ダイナ用の他にFXR用もラインナップされています。

サンダーヘッダー拘るハーレー乗りには待望のアイテムでは!?

show


パーツ:Kuryakyn「Thresher Collection」

f:id:Culturevolt:20180710203001j:plain

https://www.kuryakyn.com/products/6340/thresher-grips


「Kuryakyn / クリアキン」よりNEWパーツコレクション「Thresher Collection / スレーザーコレクション」をピックアップ。

スレーザーコレクションはサメの歯にインスパイアされた細かいローレット加工が特徴のデザインシリーズです。

f:id:Culturevolt:20180710203242j:plain

https://www.kuryakyn.com/products/5266/thresher-pegs


細かくローレット加工されたラバーはグリップ力を生み、快適なライディングを提供します。使用されているラバーは耐久性のある材質で時間の経過とともに硬化したり亀裂を生じさせることは無く快適なクッション性を提供します。

スレーザーシリーズは現在グリップ、フットペグ、シフトペグがリリースされています。

show

パーツ:Air FX Air Suspensions 「Front and Rear Kit, Stock Front wheel 」

f:id:Culturevolt:20180702222235j:plain

AirFX Air Suspensions. Harley-Davidson 2018 Softail Front and Rear Kit, Stock Front wheel

引き続きアメリカのエアサスメーカーAir FXより18年ソフテイルモデル用のフロント/リアのエアサスです。

リアのエアサスはLegend、Arnott、Thunder Bikeなどから供給されてますが、フロントのエアサスってまだまだマイナーで、今でこそフロントのエアサスはツーリングモデルのバガーカスタムでは見られるようになりましたが、それでも少数派。

ツインカムソフテイルを含めてもソフテイル用のフロントのエアサスって見かけない、そんな供給状況の中M8ソフテイル用のリリースなので、これは攻めてる!クレイジー!他にないってすばらしい!そんなパーツです。

 

f:id:Culturevolt:20180702222243j:plain

性能について

さて中を覗いてみます。

フロントのエアサスはカートリッジタイプ。カートリッジタイプの恩恵は作業者の交換の手間も少ない事、ピストンを入れるタイプよりなんだか良さそうという事です。

もう少しかみ砕くと、インナーチューブにピストンを入れてエアを保持するタイプより良さそうなイメージがあるという事です。インナーチューブ自体がもともとエアを保持する構造じゃない分、専用の構造でカートリッジになってる方がなんだか信頼度が高いのではないか…というイメージです。ただその分重量が重くなっていたり、コストの問題等…良し悪しはあるかと思います。

話を戻しまして、ハードブレーキング時の圧縮に対応するために追加したブースタースプリングにより乗り心地とハンドリングを確保しています。

リアサスはデュアルピストンによりピストン表面積が増え、リフトに必要な空気圧と空気量を減らすことに成功しています。これはエア抜けのリスク低減とリフトに大きく貢献しています。

 

キット内容

今回のキットは大きく分けて4つの部分から構成されています。オーダー時に選択が必要な部分やオプションで選べる部分などあります。

 

1:モデルの選択

 

f:id:Culturevolt:20180707110215p:plain

フロントサスペンションのカートリッジは車種によって設定が分かれています。種類としては倒立フォークが入ってるファットボブとその他のモデル、その他の中でリアが240の入っているファットボーイとブレイクアウトがまた別で分かれていて全3種類。

・ファットボーイ(FLFB)/ブレイクアウト(FXBR)

・ファットボブ(FXFB)

・スリム(FLSL)/デラックス(FLDE)/ヘリテイジ(FLHC)/ローライダー(FXDL)

 

2:基本の構成部品

ここはリアのショックやコンプレッサーなどの全車種共通モデルの構成部品です。

・モノショック(ブラック)

・コンプレッサーアッセンブリ―

・クアッドバルブ 5/32T イン/アウト

・コンプレッサーコントロールボックス

 

3:スイッチ

スイッチも3種類からです。トグルスイッチにマイクロボタンがフィニッシュの違いで分かれていて合計3種類です。全てテスト済み。

 

・トグルスイッチ

f:id:Culturevolt:20180707112842p:plain

 

 

・マイクロボタン(ニッケル)

f:id:Culturevolt:20180707113547p:plain

・マイクロボタン(ブラック)

f:id:Culturevolt:20180707113711j:plain

4:エアタンクのオプション

f:id:Culturevolt:20180707113820p:plain

 

そしてエアタンク。このエアタンクにエアを予め充填しておき、リフト時にエアタンクからエアを送り一気にリフトします。よってコンプレッサーのみで空気を送るより、より早くリフトすることができます。

通常3-4秒かかるところを、エアタンクを使用すれば1秒でリフト可能。驚きの1秒。ただしエアタンクをどこに取り付けられるのかって問題がありますが、リフトの時間に煩わしさを感じることは無くなるはずです。

 

そんな感じでM8ソフテイル用のエアサスでした。

 

パーツ:Thrashin Supply Company「P-54 Slims for 2018 Softail」

f:id:Culturevolt:20180703153258j:plain

New P-54 Slims (Silver) (New)www.thrashinsupply.com


スピードクルーザー系カスタムで支持を得ている「Thrashin Supply Company / スラシンサプライカンパニー」より2018年ソフテイルモデル用フットペグがラインナップされていたのでピックアップ。

www.youtube.com

 

f:id:Culturevolt:20180703153516j:plain

P-54 Slims (Black) (New)www.thrashinsupply.com


「P-54 Slims / ピー54スリム」。

2018年ソフテイル用に使用されているアルミニウムは航空機に使用されるグレードのもの。1.375"のテーパー状のペグデザインはグリップ力と快適なシフトフィールを考慮して設計されたもの。仕上がりはシルバーとブラックの2種類です。

2018年ソフテイル用パーツもかなり出そろってきましたね!

show

パーツ:Speed Merchant「Speed Pegs for 2018 Softail」

f:id:Culturevolt:20180702172515j:plain

https://thespeedmerchant.net/product/speed-pegs-for-all-hd-models-black-anodized/


従来のフットペグと仕様が異なる為、既存のカスタムパーツが使用できない2018年ソフテイル。まだ対応品をリリースしているメーカはごく一部。そこで今回は「Speed Merchant / スピードマーチャント」より2018年ソフテイル対応のフットペグ「Speed Pegs / スピードペグ」をピックアップ。

レースにインスパイアされたデザイン。ストリートやトラックが似合う。斜めにカットされたデザインで気持ちバンク角も確保できそう。ステンレスクレビスを調整することでフットペグの角度を調整できます。

フットペグはアルミニウム製。カリフォルニアで製造されています。仕上がりはブラック、ブラス、マシンフィニッシュの三種類。

f:id:Culturevolt:20180702172619j:plain

https://thespeedmerchant.net/product/speed-pegs-for-all-hd-models-black-anodized/

f:id:Culturevolt:20180702172735j:plain

https://thespeedmerchant.net/product/speed-pegs-for-all-hd-models-gold-anodized/

f:id:Culturevolt:20180702172925j:plain

https://thespeedmerchant.net/product/speed-pegs-for-all-hd-models-machine-finish/


スキッドプレートと合わせてコーディネートするのが吉。

www.craycraypost.com


show

パーツ:Air FX Air Suspensions 「Rear Air Ride Kit for Softail 2018」

f:id:Culturevolt:20180701160707j:plain

airfxusa.com

V-Twinとスポーツバイク用の前後エアサスペンションを供給するAir FX より18年モデルソフテイル用のエアサスペンションが登場です。

モノショック、コンプレッサー、エアバルブ、マウンティングブラケット、トグルスイッチ等キットになっています。

f:id:Culturevolt:20180701160713j:plain

さて、Air FXの商品ページはシンプルなつくりになっていて、この商品も現時点ではマニュアルが出ていなかったので詳細がつかめず…ですがこんな記事を見つけたので上げておきます。

f:id:Culturevolt:20180701163934j:plain

AirFX Air Suspensions. AirFX Air Suspensions and Hawg Halters Deliver the first 2018 Softail Air Suspension Upgrade

去年の記事で18年ソフテイル用エアサスのリリースに関する記事です。Haug Halte Incの名前がディストリビューターのパートナーとして入ってます。

アジャスタブルのリバウンド調整も記載あります。

その他にもモノショックはエアバッグ無しのシステムになっていて、デュアルピストンデザインによりピストンの面積を増やすことでバイクを上げる際に必要な空気圧と空気量を減らしています。

ボディーはハードコートアルマイト。コンプレッサーは一般的なコンプレッサーより小さいくてハイパフォーマンス、短時間でリフト可能です。

本文中に出てくる「Schrader valve」とはシュレーダーバルブと読み、米式バルブ、アメリカンバルブなどと呼ばれるものです。見たらあーってなると思います。