Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケット・カスタムパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

パーツ:Dakota Digital「MLX-8414」

f:id:Culturevolt:20181017190519j:plain

www.dakotadigital.com


ハーレーでカスタムメーターと言ったら?という問に大体のハーレーユーザーから回答が得られそうな「Dakota Digital / ダコタデジタル」よりNEWゲージがリリース予定です。

「MLX-8414」。2014年以降のストリートグライド、ロードグライド、ウルトラ、CVOモデルに対応したカスタムゲージ。

f:id:Culturevolt:20181017190559j:plain

MLX-8414


31ものイルミネーションカラー内蔵。説明によるとメインゲージやセンターのインフォメーション部分などを個別に設定できそうです。更に12の設定されたテーマもあるとのことで面倒な設定は勘弁という方にも嬉しい配慮。メインのスピードメータータコメーター下部に表示させるインフォメーションは任意で選択可能。ライダーが見たい情報のみを表示できます。

f:id:Culturevolt:20181017190625j:plain

MLX-8414


ゲージディスプレイは直射日光や夜間などライディング時の外部環境に合わせ自動で光量を調整。場面に合わせ、優れた視認性を発揮します。ダコタデジタルはメーターによってですが、キロ設定が可能な点もポイント高いですよね。今回のNEWゲージもキロ表示に対応しています。

ゲージ機能は以下の様な感じです。

ダコタデジタルは最初の100マイルまでオドメーターの距離設定が可能です。エラーなどで設定ができなかった場合は$20(+送料)でダコタに送れば対応してくれるっぽいです。

赤か青の2択だったカスタムゲージの選択肢が広がりましたね。

========================================
#MLX-8414 / 2014-18 Replacement Touring Gauges
========================================

show