Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケット・カスタムパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

まとめ:【Performance Bagger】ニューバガースタイル、パフォーマンスバガー!【ハンドル・ライザー・シート・エキゾースト】

f:id:Culturevolt:20190905193655j:plain

www.hotbikeweb.com

近年のハーレーブームを牽引してきたカスタムジャンルと言えば、ツーリングモデルをベースとしたバガーカスタム。21"から始まり23"、26"、30"、そして32"と時代とともに大きくなっていった大径ホイールや、大きくストレッチされたサドルバッグを装備したリアエンドなど、ラグジュアリーで見るものを圧倒するスタイルがバガーカスタムの魅力です。

しかし、ここに来てツーリングモデルをベースとするバガーカスタムに新たな流れが生まれていることをご存知でしょうか!?

その新たな流れの一つが「Performance Bagger / パフォーマンスバガー」であると言えます。今回はツーリングモデルカスタムの方向性を検討しているあなたへ、このパフォーマンスバガーに焦点を当ててお届けします!

 Performance Bagger / パフォーマンスバガーとは!?

f:id:Culturevolt:20190905193826j:plain

vtwinvisionary.com

先ずはパフォーマンスバガーとは!?ということで、どんな方向性でどんなスタイルのマシンを指すのか?という点について。

f:id:Culturevolt:20190905194222j:plain

www.hdforums.com

パフォーマンスバガー、ツーリングモデルをベースとした、その名の通りパフォーマンス性能を重視したバガーカスタム。走行性能をアップデートさせ、走りを楽しめるカスタムスタイル。このコンセプトは、ダイナモデルをベースに流行しているクラブスタイルと通ずる部分が多い様に感じます。クラブスタイルについて詳しくは、まとめ:【Club Style Dyna・M8 Softail】クラブスタイルとは?ベース車両選択のポイントからカスタムパーツまで!にてまとめています!

ベースとして選ばれる車両はロードグライド、ロードキングが多い印象。

そしてこれより、パフォーマンスバガーをビルドするにあたりココだけは押さえて欲しいパーツ、ハンドル&ライザー・シート・エキゾーストの順に主要ブランドをご紹介していきます。

パフォーマンスバガーを構成する主要カスタムパーツ! 

 Handlebar & Riser / ハンドルバー & ライザー

f:id:Culturevolt:20190905194412j:plain

https://vtwinvisionary.com/mjk-performance-bagger/

ハンドルはハイライザーとスパーバーの組み合わせや、一体型のライザーバーで決まり。さっそく主要ブランドをピックアップしていきます。

MJK Performance / MJKパフォーマンス

f:id:Culturevolt:20190814122945j:plain

www.mjkperformance.com

パフォーマンスバガーの代表格ブランド。ドラッグスペシャリティーズでの取り扱いも始まっている勢いを感じるブランド。同社がリリースしている。「Pull Back Handle Bar Riser / プルバックハンドルバーライザー」と「Straight Handle Bar Riser / ストレートハンドルバーライザー」は候補に上がるアイテムだ。

f:id:Culturevolt:20190814123108j:plain
f:id:Culturevolt:20190814123021j:plain

www.mjkperformance.com

プルバックライザーは高さ10"、ストレートライザーは高さ12"になります。使用するハンドルバーは1"と1-1/8"用の設定があります。両者ともに配線中通し用の穴は開いています。仕上がりはロウとブラックの2種類。

Kraus / クラウス

f:id:Culturevolt:20190828185556j:plain

https://www.krausmotorco.com/products/isolatore-bar-clamp?variant=30067704387

ハイエンドなパフォーマンスパーツをラインナップするクラウス。同社の「Isolated Risers / アイソレイテッドライザー」も候補に上がるアイテムだ。

詳しくは過去記事にて!

www.craycraypost.com

Bung King / バンキン

f:id:Culturevolt:20190828190657j:plain

http://www.bungking.com/road-glide-riser/

バンキンorバングキング、正しい名称が曖昧なBung King。そんなバンキンより「Road Glide Riser / ロードグライドライザー」。このアイテム最大の特徴はライザー形状にあり。

こちらも詳しくは過去記事にて。

www.craycraypost.com

Spadafora Choppers / スパダフォーラチョッパー

f:id:Culturevolt:20190905193003j:plain

http://12.5″ POV Twisted Tee-Bar Model 2015-2018 - Spadafora Customs

先ほどピックアップしたバンキンのライザーと同じ要領の一体型ライザーバー。こちらのアイテムもロードグライド用。

www.craycraypost.com

Seat / シート

f:id:Culturevolt:20190912192932j:plain

https://www.hdforums.com/how-tos/slideshows/performance-road-glide-is-all-about-function-559335#starting-point

ハンドル周りを交換したら次に考えるパーツがシート。ライディング時は常に体を支えている部分だけに拘りたい要素。パフォーマンスバガー的には、ガンファイターやファストバックと呼ばれるデザインのシートをチョイスしたい。

それではざっとご紹介していきましょう!

Kraus / クラウス

f:id:Culturevolt:20190910194315j:plain

Pro Series Seatwww.krausmotorco.com

ハンドル&ライザーでも登場したクラウス。同社がリリースする「Pro Series Seat / プロシリーズシート」。スタイリングとライディング時の快適性を両立させたPro Series Seat。米国大手シートブランドである、「Saddlemen / サドルマン」と共同開発された代物。もちろんメイドインUSA。

以下にて詳しく説明していますよ!

www.craycraypost.com

BMC × Corbin / BMC × コルビン

「BMC × Corbin / BMC × コルビン」のダブルネームでリリースされる「The Wall / ザ ウォール」や「Widowmaker / ウィドウメーカー」がマッチするかと。The Wallについて詳しくは過去記事にて。

www.craycraypost.com

ここではWidowmakerについてご紹介。

f:id:Culturevolt:20190910201451j:plain

www.corbin.com

BMC × Corbinの一作目であるThe Wallと同じコンセプトを元にデザインされた2-upシート。ロープロファイルで流れる様な外観がカスタムルック。バックサポートが6"あり、アグレッシブなライディングポジションを実現している。

f:id:Culturevolt:20190910201541j:plain

http://www.corbin.com/harley/baggers/hdflh9wgamb.shtml

ツーリングモデル用のThe WallとWidowmakerはオプションのバッグレストを取り付けることが可能だ。(※仕様により品番が分かれています。)

f:id:Culturevolt:20190910201609j:plain

http://www.corbin.com/harley/baggers/hdflh9wgamb.shtml

人間工学に基づいて設計されたシートデザイン。ライダーの体重を分散させ、快適なライディングを実現している。シートに内蔵されているコンフォートセルフォームも快適なライディングを実現させている重要な要素。

f:id:Culturevolt:20190910201659j:plain

http://www.corbin.com/harley/baggers/hdflh9wgamb.shtml

そして、コルビンシートの魅力は何といってもそのカスタマイズ性。豊富な表皮の組み合わせからオンリーワンのオリジナルシートが製作可能だ。

Mustang / マスタング

f:id:Culturevolt:20190912194828j:plain

www.mustangseats.com

老舗シートメーカーである「Mustang / マスタング」がラインナップする「Squareback One-Piece Seat for Harley Davidson FL Touring 08-19 / スクエアバックワンピースシート」も、パフォーマンスバガーの定義にマッチするシートと言える。

f:id:Culturevolt:20190912194905j:plain

https://www.mustangseats.com/products/6501/squareback-one-piece-seat-for-harley-davidson-fl-touring-3908-3919?color=black&style=tuck-roll&parttype=one-piece-seat

スタイリッシュでスッキリとしたカスタムルックを生み出すSquarebackシート。スプリットタック&ロールデザインの座面が特徴的。

f:id:Culturevolt:20190912194927j:plain

https://www.mustangseats.com/products/6501/squareback-one-piece-seat-for-harley-davidson-fl-touring-3908-3919?color=black&style=tuck-roll&parttype=one-piece-seat

座面の幅は10.5"。ライダーはストックシートとほぼ同じ位置に座ることになりますが、バックサポートによりしっかりと腰をサポートしてくれるでしょう。

f:id:Culturevolt:20190912194955j:plain

https://www.mustangseats.com/products/6501/squareback-one-piece-seat-for-harley-davidson-fl-touring-3908-3919?color=black&style=tuck-roll&parttype=one-piece-seat

6.5"のフラットテールセクションは、パッセンジャーとのタンデムも可能。(乗り心地は定かではありません。)

エキゾースト

f:id:Culturevolt:20190922210404j:plain

https://vtwinvisionary.com/mjk-performance-bagger/

エキゾースト。パフォーマンス性能に拘りを感じる2-into-1スタイルの装着率が高めな印象。この点もクラブスタイルと通ずるポイントかと。

Two Brother's Racing / トゥーブラザーズレーシング

f:id:Culturevolt:20190922204118j:plain

Harley Davidson Touring (2017-20 Milwaukee Eight) Turnout Shorty 2-1 Stainless Full System - Part Number 005-4870199www.twobros.com

クラブスタイルにおいても高い支持を得ている「Two Brother's Racing / トゥーブラザーズレーシング」。ツーリングモデル用エキゾースト、「2-1 Shorty Turnout / 2-1ショーティーターンアウト」は候補に上がるアイテム。最大限のトルクを引き出すマフラー設計。今回ピックアップしたショーティーの他にフルレングスデザインもラインナップしています。

 D&D Exhaust / ディーアンドディーエキゾースト

f:id:Culturevolt:20190922205558j:plain

danddexhaust.com

ハイパフォーマンスエキゾーストの代表的なブランド。M8ツーリング用「Bob Cat 2-1 Full Exhaust System / ボブキャット2-1フルエキゾーストシステム」。

f:id:Culturevolt:20190922211011j:plain

https://danddexhaust.com/harley/touring/2017-2019-M8-Bob-Cat-Full-Exhaust-System

D&Dのエキゾーストパイプは、ローエンドトルクと馬力の両方をアップさせる。もちろん性能を引き出す為にはチューニング作業が必要不可欠。エキゾーストにはヒートシールド、ガスケット、ボルトキット、バッフルが付属します。

かなりの爆音で知られるD&D。M8でのサウンドも注目したい。

Big Bear Choppers / ビッグベアーチョッパーズ

f:id:Culturevolt:20190922213544j:plain

www.bigbearperformance.com

元はその名が表す通りのチョッパー屋。ただ、現在は数多くのハイパフォーマンスパーツを取り揃えている。そんな同社の「Exhaust Milwaukee 8 2017-2019」もパフォーマンスバガーにマッチするエキゾーストだ。

飾り気のないネーミングと同様に、無駄をそぎ落としたレーシーな印象を受けるエキゾースト。ハンドメイドで作られている一品だ。取り付けるだけでストックエンジンと比較して10馬力アップ、チューニング次第では15馬力アップが狙える。124キュービックインチのエンジンまで対応している。

最後に

f:id:Culturevolt:20190922215512j:plain

https://www.hdforums.com/how-tos/slideshows/performance-road-glide-is-all-about-function-559335#no-options

いかがだったでしょうか!?

今回は車両を購入して先ず何をカスタムしよう?と悩んでるあなたへ向けて、パフォーマンスバガーというカスタムスタイルがあるという点を紹介するとともに、最初のカスタムに最適であろうハンドルバー・ライザー・シート・エキゾーストに焦点を当てた次第。

パフォーマンスバガーに興味が湧いてきましたか!?

パフォーマンス性能がアップし、走りのポテンシャルが高いミルウォーキーエイトと相性抜群のカスタムスタイル。

それがパフォーマンスバガーだ。

show