Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケット・カスタムパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

パーツ:Heinz Bikes「Winglet LED Fender Blinker」

f:id:Culturevolt:20200308124851j:plain

Fender Blinker

 ドイツのLEDやライセンスプレートホルダーなどを供給するHeinz BikesよりLEDウインカー「Winglet LED Fender Blinker」を紹介。

 さて、今回ピックアップしたこの商品の特徴は、楕円形の台座がついてるのでアダプター無しで取り付けられる構造になっているところです。

 

f:id:Culturevolt:20200308125715j:plain

 このデザインですね。

 スタンダードなWinglets LED、Winglets 3-1、Winglet Microの3種類に、フィニッシュはブラック、クロム、サテンクロムの3種類から選べます。

 LEDはEマーク付き。

 

f:id:Culturevolt:20200308135610j:plain

f:id:Culturevolt:20200308135626j:plain

f:id:Culturevolt:20200308135648j:plain

f:id:Culturevolt:20200308135702j:plain

 マウント使わないで使えるのが良いですね。

 以前紹介したのはこちらから。

www.craycraypost.com

 ちなみにTwitterやってます。

twitter.com 

 ちょっと緩い雰囲気?つぶやいてますんでフォローお願いします。

 インスタもありますんでそっちもチェックです。

 


メーカー:Heinz Bikes

メーカーリンク:https://heinzbikes.de

商品名:Winglwt LED Fender Blinker

品番:-

メーカー品番:

その他リンク:


 

  ”Impression”

 LEDウインカー戦国時代に突入して、様々なデザインのLEDが割とリーズナブルに手に入るようになりました。その中において試されるのは、ちゃんと良いものかどうかを見分けられる目ですね。安いからと言って、せっかくのLEDなのになんか暗い…みたいなのは残念です。もちろん安くていいものあるんでしょうが、いいものには理由がありますね。

 今回のLEDも値段的にいい金額のものになると思いますが、やはりヨーロッパ発のドイツメーカーと言うのに箔が付いていると感じます。ヨーロッパのEU内において二輪車・四輪車の部品販売には基準が必要になっています。所謂Eマークです。EUの基準ってものすごい厳しいイメージがあると思いますが、その所以はざっくりいうと法的な力があるからなんです。

 と、言う感じでEマークは厳しい基準を通った商品に入る印なんですが、昨今の技術の進化のお陰でコピー商品も進化しています。それが3Dプリンター。どうもイマイチなLEDウインカーは3Dプリンターでレンズの表面にあるEマークなどをそのままコピーしてるものもあるらしいのです。という事はEマークがついてれば安心という図式が崩れるんです。

 そうなったときに頼れるのは己の目ですか?信頼できるブランドですか?それとも信頼できる所から買う繋がりですか?そういうのを考えさせられます。

 と、変な話になりましたが、LED戦国時代。Kellermann 1強時代から抜け出すのはどこでしょうか。フロントに関してはThunderbike、リアに関しては国産で安めの物なんかが出てきてますね。そんな事も気になります。

 LEDについては少しだけこちらでも触れているので、気になる人はどうぞ。結構まじめにメーカーやプロダクトについて語っていると思います。

www.craycraypost.com

 ま